厩構造と投影[2008]アーティスト: 浅野 洲

厩(うまや)構造と投影
「平成の民から千年後の民へのメッセージを込めて」 by 浅野 修
くずれた厩 01/05 厩(うまや)構造と投影 02/05 厩(うまや)構造と投影 03/05 厩(うまや)構造と投影 04/05 厩(うまや)構造と投影 05/05
うまや

厩構造と投影(虚と実) [2008]

くずれた厩(虚と実) [2014]

戦後まもなく建てられた馬小屋を解体、移築しました。2007年の帯広美術館での個展で、

梁や柱を黒く塗り再生紙に転写し、構造体と対を成す展示が行われていたこの作品は、

その後、十勝千年の森に池を配置した新たな作品として再構成されました。

石の配置は暦となり、構造体の影で季節を知ることができました。

2014年日高おろしの大風、厩構造が崩れました。作品厩は100年かけて土に還ります。

石の配置と基礎杭と南中時の太陽で元の形が読み解けます。

映し出すものと映し出されるもの、本当は鏡像の向こう側に実像があるのかもしれません。

厩(うまや)構造と投影厩(うまや)構造と投影

■私は鏡の目を見る( 反転) 鏡の目が私を見る
森は私たちの生き方を見る
浅野 修 ( あさの おさむ)
アーティスト
浅野 修 ( あさの おさむ)
1937 年 帯広生まれ
twitter
twitter
  千年の森スタッフが、日々の出来事についてブログ上で語っています。コメントいただけると嬉しいです。
ホームこのページの先頭へ